「小さな劇場」をおえて 』


おさだ塾の春の小さな劇場公演 その三十「愛」――。
初日三月三十一日はあいにくの雨もよいでしたが、それを押しての御来場をたまわり、心より感謝致して居ります。幸い四月一日、二日は好天に恵まれ、絶好のお出かけ日よりになりました。でも、暗い劇場の中より明るい日ざしの中へ心が向くのは無理からぬことと、いささか痛し痒しの思いで居りました。
それでもいつものなつかしいお顔も沢山お見かけし、年月のつみ重ねの有難さをあらためてかみしめて居りました。
いろいろ不行届き、御無礼もあったと存じますが、なんとか大過なく三日間をおえることが出来ました。本当に本当に有難うございます。お客様はじめ関わって下さった全ての方々に心より御礼申上げます。

今年出演してくれた三人の子供たちも皆すっかり仲良しになり、きっとこれからもいいお友達でいてくれるだろうと思います。本当にいろんな方々に助けていただいての公演でした。どんな出会いが、その人の人生に、どんな影響を及ぼすか、それは誰にもわからないことですが、何か不思議な深い関わり合いの生じていることを感じさせられて、感慨深いものがありました。
演劇は人と人の心のやりとりから生まれます。そして舞台以上にそれに関わる人々にも深い影響を及ぼします。いい御縁が、一人でも沢山の方々との間に生じ、育ってくれることを心から願って居ります。

般若林の桜も間もなく満開です。公演の時は「もう咲きたい、もう咲きたい」の蕾たちがざわめいていましたが、公演が終わった途端、一斉にほころびはじめました。表庭も裏庭も中庭も、見事に足並みを揃えています。ここ一週間ほどが見頃だと思います。よろしければ是非お花見にいらして下さい。お声かけ下さればコーヒーくらいは御馳走出来ると思います(あまり美味しくありませんけど)。うちのコーヒーは他所の方からするとかなり薄め(軽めではなく)だそうです。でも「いれたて」は召し上がっていただけますので、是非是非お声かけ下さい。

四月二十二日(土)から「絵本の読み聞かせ」講座がはじまります。(於 佛教大学四条センター / 四月二十二日~九月三十日)
心にズキンと来る素敵なお話と、短い単語の羅列のような、単純な(それだけにむづかしい)お話しの二本を用意して居ります。出来る限り受講して下さる方お一人お一人にかけられる時間を多く持ちたいので、いつも二組に分けて、十五人ずつで授業を受けていただけるようにして居ります。そういう事が出来るのもおさだ塾が劇団である強味だと思います。
講座に来て下さる方々も、皆さん知性豊かな方々ばかりで、いつもこちらがいい刺激をいただいています。こういう機会の持てることが本当に有難く、感謝、感謝です。
社会への還元を目指してられる佛教大学四条センターの活動にも心からの敬意を表します。
こらからもいい御縁を持ち続けられることを心より願って居ります。
いい御縁をいただけてこその私ども、これらからももっともっと、多くの皆さまといい御縁をいただけますことを ―― 。