『 年の尾 』


十八日の発表会は、直前に風邪引きが続出し、稽古がまともに出来ず惨憺たるありさまでした。
それでも皆さま最後まで御観覧下さり、本当に有難く、又、申訳ない思いをして居ります。深くお詫び申上げます。

俳優は頑健でなければならない。一人でも欠けると全員に迷惑をかけるということは、充分承知している人たちです。それがこの状態なのですから、いいわけのしようがありません。
重ねて心よりお詫び申上げます。申訳ございませんでした。二度とこんなことをくり返さないよう、改めて心を引き締め、来たるべき年に向かいます。どうぞ御寛恕いただけますように。

来年の春の小さな劇場公演の題名は「愛」です。どんな中身なのか、又あらためてお知らせ申し上げます。

混沌たる現代(いま)の世の中が、鶏鳴一声、明るい新しい夜明けとなることを祈ります。どうぞ 佳い お年を ―― 。