『六月に入りました 』


六月に入りました。五月末の真夏なみの暑さには、身体がついていけなくて閉口しましたが、今は大へんさわやかで、朝夕は上着を一枚重ねたくなる肌寒さを覚えます。

木々も若葉から青葉になり、緑の季節になりました。東山、北山を臨むと緑の濃淡が美しく、眼にやさしさを感じます。
塾へ通う道 ―― 烏丸通りから相国寺北門前通りにあるお寺の塀添いに歩くと、草木のむせかえるような熅(いきれ)が鼻をつきます。今、まさに草木が精一杯力を出して、のびよう、生きよう、成長しようとしているのがうかがえます。
私たちおさだ塾も亦成長する機会をいただきました。五年程続けている「絵本の読み聞かせ」です。佛教大学四条センターで、四月から月一回、月末の土曜日に『「絵本の読み聞かせ」をたのしもう』の講座が始まりました。受講生の方々は大へんたのしみにして来て下さってます。皆さん、真面目で真剣に取り組まれています。半年後の九月には皆さん、それぞれが個性ある味わい深い「読み聞かせ手」になって下さっているだろうと、たのしみです。それだけに私たちも、皆さんの熱意に応えられるだけの心で指導するための努力を積み重ねなければならないと思っています。

おさだ塾では毎年十月に公演します観客完全参加の終日野外劇『町かどの藝能』の準備に入りました。追い追いお知らせしていきますが、先ずその一つは、「一般参加者の募集」です。一般の方々 ―― 生徒さん、学生さん、社会人、主婦の方、十五才から三十五才までの健康な方なら男女を問わず応募出来ます。『町かどの藝能』の江戸時代の芸商人として、おさだ塾のプロの俳優と一緒に参加出演出来るのです。締切りは六月三十日です。
お問合せは 電話075-211-0138 おさだ塾まで。