Author Archive: おさだ塾

『春のなごり』

少し前、美しい声を聞かせてくれた うぐいすは、あれ以来、一度も歌ってくれません。今日も多分 ―― 。そう思うと、あの夕ぐれ前のひとときが とても、いとほしい、大切な時間だったんだなと、惜しむ気持ちでいっぱいになります。 季節の移り変わりを見事に見せてくれる般若林に 又しても感謝です。 佛教大学四条センターでの『 「絵本の読み聞かせ」を楽しもう 』講座、今月は二十六日(土)です。三時半 ~ 五時まで…
続きを読む

『かきつばた』

今日もさわやかな五月晴れ ―― 。本当にこのところは「五月」にふさわしい いい気候がつづいています。 般若林のお隣は、以前、成基学園といったのですが、今はマンションになっています。オーナー(だと思います)のお方(女性)が とてもお花が好きで、いつも本当にまめにお世話をなさっています。そのお蔭でしょう、いろんな沢山のお花が育っています。杜若も見事なほど、太くたくましい花茎で、見事な花を咲かせそうです…
続きを読む

『素敵な たそがれ』

日暮れ前、めずらしく鶯が鳴いています。こんな季節はずれ(?)に どうしてかなと思い乍らも、心たのしく耳を傾けています。おそらくお隣の塔頭 長得院様の林で鳴いているのでしょう。 たのしみは束の間、すぐにたそがれて来ました。正直なもので そうなるともう一声も啼いてくれません。また明日聞けるかどうか、でも久しぶりに美しいたそがれの一刻を プレゼントしてくれました。やはり般若林は恵まれたところです。 今か…
続きを読む

『五月の花』

今日も降り出しそうな暗い空です。ここしばらく雨が少なかったので、庭の樹々や草花たちも 天を見上げて雨を待っているでしょう。 それにしても自然は本当に偉大で、立派ですね。何のてらいもなく只あるがまま、そしてあらゆる生命を生かしてくれます。雨であれ、お天気であれ、いろんな天候があってくれることが、どれほど幸せなことか ―― 。 こんな当り前のことを、あらためて言葉にしたくなるのは、どういうことなのでし…
続きを読む

『 春の終わり 』

春の公演も事なく済み、今は今月末から始まる「絵本の読み聞かせ」講座に向けて準備中です。絵本にはいっぱい、素敵なお話が沢山あります。でもこの講座の場合は全員の方(三十名を二班に分けて、一つのお話に十五名ずつです)に話していただきたいので、当然長いお話は出来ません。いつもなるべく五分以内にお話しで来るものを選ん で、皆さんに学んでいただいています。 それにしても佛教大学四条センターの講座の皆さんはいつ…
続きを読む

『花』

窓のそばの椿が、今満開です。何本かあるのですが、一本の木にいろんな色の花が咲きます。白と紅の縞模様、斑、一重ずつに色が違っていたり実にさまざま、本当に豊かな彩り椿です。 有名な五色の椿より、うちの椿の方が素敵なんじゃないかな、と密かに思っています。 それにしても本当に般若林はいいところ。こんなところに居させていただけて、本当におさだ塾は幸せだなと、又しても改めて思いました。 裏庭の大きな桜の老木も…
続きを読む

『春の公演まで』

春の雨が音もなく降っています。 「春雨じゃ、ぬれて行こう」 ―― ふと、そんな言葉を思い出し、思わず苦笑しました。今どき、こんな言葉を聞いて、合点して下さる方がどれくらいいらっしゃるでしょう。 時の流れは昔より随分早くなっているように感じますが、実際の時の流れは少しも変わりません。只世の中の物ごとが、次から次へ起こっては過去へ、起こっては過去へと忘れ去られていくだけ ―― 。 でも、わすれてはいけ…
続きを読む

『 賑やかな近頃 』

ドタ、ドタ、ドタ、ドタ ―― 。 二階の稽古場からびっくりするような音が聞こえて来ます。春の舞台「野々井家の場合」の稽古の為です。 昔からというか、多くの俳優さんの場合、稽古の時はそれほど「力」を出さず、七・八分くらいでやっておいて、本番の時に百%力を出すんだという人がかなりありました。かなりというより、常識のように、そのようにして来た人が多かったのです。 でもおさだ塾では、「稽古は本番の為にする…
続きを読む

『 春の「小さな劇場」』

ホームページ、怠けている間に二月も中旬になってしまいました。遅まき乍ら、おさだ塾の近況をおしらせいたします。つい一昨日(二月十一日)、恒例の草藁生活行を無事に執り行いました。例年通り、上賀茂神社から奥貴船の「ひろ文」さんまで約十キロの行程をわらじばきで歩くというものです。この何十年かの間、一度も天候不順や不測の事態で中止せざるを得ないという事態にもならず、無事に実施してこれたことに、今更乍ら深い感…
続きを読む

新年のご挨拶

明けまして おめでとうございます 平成三十戊戌歳 正月 演劇塾 長田学舎 今年のお正月は晴れやかなお天気に恵まれたおだやかな 新年でした。 初詣の人々も皆、明るい表情でゆったりと歩いています。 こんな日がずっと続けば世界中が幸せになれるのではと思えるような平和な初春です。 せめてここしばらくでも、世界の争いごとを忘れて ―― そんな念いをつぶやいています。 皆々様の佳き日々の、続くことを祈りつつ …
続きを読む