未分類

『 このごろ 』

おさだ塾の秋の公演「町かどの藝能」その四十一。今、その準備で全員があわただしく、ハードな日をすごして居ます。舞台もおおよそ組み上りました。「どうして今から?」と思われるでしょうが、なにしろうちの場合は全てが自分たちの手づくりなのです。業者の方に依頼するなんてことはとうてい無理ですし、又、自分たちの手で造ることによって、自分たちの「場」になるのですから。毎日毎日、晴れれば外で、雨が降れば中で、黙々と…
続きを読む

『 九月に入って』

九月に入ってめっきり秋めいた涼しい日が続いて居ります。それにしても雨が多くて、常に傘が手放せない状態です。たまに晴れると、久しぶりの青空 ―― と、うれしくなります。 ホームページ、ちょっと怠けて居りましたが、塾の方は活発に動いて居ります。 「参の広場」と呼んでいる奥の庭も、すっかり草が刈りとられ、いつでも外で稽古が出来る状態になっています。男性陣は外でやりたがりますが、女性には今は未だあまり出て…
続きを読む

『 ゆく夏 』

京の夜空を染めて五山に送り火が点され、この世とあの世をつなぐお盆の行事が終わりました。 いよいよ夏が去っていく ―― そんな感傷がふとよぎります。 一方、甲子園では毎日、球児たちの熱戦が繰り広げられています。 熱戦を中継するアナウンサーの方々も、それぞれに御苦労があるようです。 かなり前のことですが、その方は放送の担当が決まるとすぐ、資料の蒐集・調査は勿論のこと、放送当日には必ず朝一番に球場に入ら…
続きを読む

『 暑さの中で 』

猛暑、酷暑、記録更新 ―― 。 連日そんな言葉が飛び交っています。いつになったら治まってくれるのか、本当に「もう、いい」といいたくなります。 そんな中、日盛りに草とりをしたり、落葉を掃き集めたりする塾生がいます。 「今日は外での作業は止めなさい」といわれても、「はい」といい乍らやめません。 「こんな日に外で仕事して倒れても、“バカだ”といわれるだけだから。早く止めなさい」―― 。何度もいわれてやっ…
続きを読む

『 祇園さんの神威 』

十七日、奇跡的といっていい状況の中で山鉾巡行が行われました。他所では増水、氾濫、山崩れ ―― 痛ましい被害が相ついでおこっている最中に、京都は何と恵まれているのでしょう。 鉾町の方々なら「これこそが祇園さんの神威」と、胸を張っておっしゃるでしょう。 それにしても、ニュースを見乍ら感心していたのですが、「小雨決行・大雨強行」―― これが巡行の時の決まりごとだとか。「雨くらいへっちゃらですわ」―― お…
続きを読む

『祇園祭』

四条通りをはじめ辻々に鉾が立ち、祇園祭の気分が一気に高まっています。毎年巡行の日が晴れてくれるかどうか心配する時期ですが、今年はどうやら台風が来るのが確実らしく、沢山の方々の念いも通じないようです。 この日をめざして京都へ来られる沢山の方々、そして精魂傾けて巡行が無事執り行われるよう精進される鉾町の方々の為にも、晴れてほしいと京都人なら誰もが思うことでしょう。せめて二十四日の後祭りは、順調に行われ…
続きを読む

『可愛いお客さま』

つい先ごろ、塾に可愛いお客さまがありました。 宮崎県綾町 綾中学校の生徒さんです。 修学旅行の研究テーマに“京ことば”を選び、いろいろと調べた結果、KBS京都で京ことばの良さを伝える番組のあることを知り、局に連絡、プロデューサーに連れられて、その番組を担当していたおさだ塾へ来られたというわけです。 かなり前から連絡を受けていましたから、その日を楽しみにしていました。 思った通り、赤い頬っぺの可愛い…
続きを読む

荒々しいお天気

梅雨の晴れ間という言葉がありますが、今年の梅雨は本当に「楽」といっていいのかどうか、長く降り続くということがありません。もっともそれは自分の身近な地域に限ってのことで、九州や関東、東北の方々は酷い風雨に苦しんで居られます。どうしてこんな荒々しい気候になったのか、人間の心の荒みがそのままお天気に写されているのでしょうか。長く四季のうつろいを愛でて来た日本人にとって、本当に辛く、哀しく、「何に対して」…
続きを読む

『 雨 』

去る六月三日に近畿地方もつゆ入りしたようで、予報通りの曇りや雨の日が多くなりました。これから一ヶ月程、湿度の高いじめじめしたむし暑い日が続くのではないかと思うと、気分も滅入りがちです。 けれど、雨も亦いいもので、しとしと降るやさしい雨を受けて、色鮮やかに咲き匂う紫陽花には、安らぎを覚えます。 般若林の紫陽花も咲き始めて、しばらくたのしませてもらえます。 「つゆ」は「梅雨」とも、又「黴雨」とも書かれ…
続きを読む

『燕』

今年も燕が帰って来ました。 南の国から長い旅路を、元気でよく帰ってきてくれたなとうれしくなります。 去年いた燕が同じ巣へもどって来るのはほんとうに驚きです。よくまあ憶えているものだと感心します。 今年はその巣の隣にも、一つ新しいのが出来ています。 二つの巣には四、五羽の雛が、親の持って帰ってくれる餌を今か今かと待っています。 親燕は帰って来ると、必ず巣の近くで宙返りをします。すると今まで静かだった…
続きを読む