『五月の花』


今日も降り出しそうな暗い空です。ここしばらく雨が少なかったので、庭の樹々や草花たちも 天を見上げて雨を待っているでしょう。
それにしても自然は本当に偉大で、立派ですね。何のてらいもなく只あるがまま、そしてあらゆる生命を生かしてくれます。雨であれ、お天気であれ、いろんな天候があってくれることが、どれほど幸せなことか ―― 。
こんな当り前のことを、あらためて言葉にしたくなるのは、どういうことなのでしょう。でも今は、素直にそう感じています。

佛教大学四条センターでの「絵本の読み聞かせ」講座、第一回目を無事に終えて、第二回目の為のいろんな整理をして居ます。それにしても四条センターにお越し下さる皆さまは本当にレベルの高い方々で、毎回、いろんな刺激をいただいています。このセンターは、「共に生きる ―― 共生き」という、佛教大学の精神を具体化する一つの場であり、多くの方々の心と知性を満たしている素晴らしい処です。だからといって堅苦しいところはいささかも無く、皆さんのびのびと、自からの人生をより豊かに、より美しく輝かせようと楽しんでらっしゃいます。
こんな素敵な「場」があることを、もっともっと沢山の方々に知っていただきたいなと心から思います。未だ御存知でない方、是非是非、佛教大学四条センターの講座案内をごらん下さい。あるいは一度、何かの講座を見学していただくのもいいかなと思います。バラエティーに富んだ、とても前向きな講座ばかりです。四条センターの方々は「社会還元の一つ」としてこれらの講座を運営なさっているので とても意義深い講座が沢山あります。場所は四条烏丸東北角 京都三井ビルの四階です。是非一度、資料を取り寄せるなり お訪ねいただくなりして、御検討下さればと思います。

おさだ塾の本拠地 般若林は今、五月の花盛りです。杜若(かきつばた)も生き生きと背を伸ばしています。あまり栄養をあげてないので、いいお花が咲いてくれるかどうかわかりませんが ―― 。
間もなく花梨の花もさくでしょう。