年頭ご挨拶

皆様おすこやかにて 良き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

皆様のお力添えのもと 昨年も自主公演『町かどの藝能』を上演させていただきました  改めて御礼申し上げます
お客様の楽しそうな笑顔や温かい拍手は 私共の何よりの力の源 宝でございます
本年も十一月に自主公演をさせていただく予定です
ますますの工夫を凝らし
「誰もが無条件でたのしく 清潔な感動を通して その余韻の中から静かに考えることをさせてくれる演劇」を目指し
劇団員一同 力の限り精進して参ります

「七福神をまねきましょう
  年のはじめのおんことぶきは 松竹梅や福寿草
 めでためでたの鶴亀万歳 清めの御座に七福神
  おまねき申して祝いましょう――」

招福のおめでたい商い「七福神招き」の売り声の一節です

皆様にたくさんの福が訪れる良い一年になりますよう 心よりお祈り申し上げます

おさだ塾 代表  河田 洋志

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ありがとうございました。

『町かどの藝能』その四十七を沢山のお客様に支えていただき有難く終えさせていただきました。

3年ぶりに再開致しました昨年の公演は未だ未だコロナの影響下で、お客様との距離を考え乍らでした。
本年は、其の規制もなく、お客様との触れ合いをたっぷりと盛り込んだ『町かどの藝能』を上演させていただきました。
有難い事に劇場内は、お客様の笑顔一杯でございました。
つくづく此の演劇は、お客様と一緒に作り上げるものなのだと実感致しました。

来年も今年と同じ頃に、上演させていただきます。

今年のお客様と一緒に過ごさせていただきました時と経験を活かして、より楽しい『町がとの藝能』をご披露することを目標にして参ります。

ありがとうございました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「町かどの藝能」その47

おさだ塾秋の公演「町かどの藝能」その47が、
2023年11月3日(金・祝)・4日(土)・5日(日)の3日間開催いたします。
昨年とはまた違った演目・装いで、楽しい一時を過ごしたいと思っております。
どうぞ、皆様お誘い合わせの上お越し下さいませ。

 

 

FAXにてお申し込みの場合は、下記のPDFをダウンロードしてご使用下さい。

申込用紙表2023

カテゴリー: 未分類 | コメントする

劇団員募集

まずは一度体験してみませんか?

お気軽にお問い合わせください。
皆様との出逢いを楽しみにしております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

■キャプチャ(必須):

captcha

次のテキストボックスに、画像に書かれた文字を入力してください。

カテゴリー: 劇団員募集 | コメントする

般若林 四季折々

 私たちおさだ塾は、1984年から2020年まで40年近くもの長い間、相国寺様の「般若林」を本拠地として活動させていただきました。
 私たちは般若林の広いお庭で声出しをし、肉体訓練をしました。美しい桜や紅葉、目に眩しい緑や四季折々に咲く花々に心洗われ、励まされながらお稽古をしました。
 そして毎年秋には、般若林の広大な敷地をいっぱいに使わせていただいて、『町かどの藝能』公演を開催しました。
 私たちをいつも優しく温かく受け止め、育ててくださった「般若林」の、美しい四季折々をご覧ください。

カテゴリー: おさだ塾記念館 | コメントする

2023年の秋も自主公演「町かどの藝能」を開催致します

カテゴリー: 未分類 | コメントする

謹賀新年

皆様おすこやかにて 良き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
昨年は皆様の有難いお力添えのもと、三年ぶりの自主公演『町かどの藝能』その46を上演させていただきました。
改めて御礼申し上げます。
本年も、11月に上演させていただきます。どうぞよろしくお願い致します。
演劇の基本は、他者の心に寄り添う事だと思います。
演技は、自分の知らない人に生きる事です。
 この人なら、この時どう感じるのだろうか。
 この人はどんな気持ちでこうしたのだろうか。
 この様に、その人に寄り添って感じてゆくのです。
これは演劇だけでなく、人生を歩むうえでも大切な事だと思っております。
本年もこの演劇の基本を大切に歩んで参ります。
秋には、江戸時代の京の都に生きた芸商人として皆様にお会い出来るのを楽しみにしてお
ります。
皆様のお幸せとご健康を心よりお祈り申し上げます
                        おさだ塾
                          代表 河田 洋志

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ありがとうございました。

 三年ぶりのおさだ塾自主公演『町かどの藝能』を沢山のお客様にお越し頂き、盛況裡に終える事が出来ました。偏に皆様のお力添えの御陰でございます。あらためて御礼申し上げます。
 様々な演劇の形がある中で、おさだ塾の『町かどの藝能』は、観客の皆様にも参加して頂き展開してゆく演劇でございます。此れまで野外で上演してきたものが、今回は屋内での展開となりました。加えてコロナ禍の制約もあり、如何に楽しんで頂けるかを課題として臨みました。
 劇場内のお客様の笑顔いっぱいの拍手や、御様子を拝見しておりますと、皆様には座って見て頂いたのではございますが、心と身体、全身で楽しんで頂けたのではないかと手前味噌ではございますが感じております。
 今回の事を励みに次回の上演を目指し、今から改めて一歩ずつ歩んで参ります。
 今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

また皆様と劇場でお会いするのを楽しみにしております。
ありがとうございました。

演劇塾 長田学舎
代表 河田 洋志

カテゴリー: 未分類 | コメントする

おさだ塾「町かどの藝能」 チケット申込を開始しています。

​3年ぶりに、自主公演「町かどの藝能」の公演を開催致します。
今回は野外劇ではなく室内で人数制限を設けての上演でございます。
短い時間ではございますが、足をお運びくださいましたお客様方に、ゆっくりと『心のお風呂』につかっていただき、心と身体に元気をお持ち帰りいただけるよう、劇団員一同、心を一つに務めさせていただきます。

何卒、『江戸時代の京の都』にお越し下さいますようお願い申し上げます。

チケットの購入&お申込方法は下記の通りです。
お申込方法を必ずお読みの上
FAXでお申込の場合は、お申込書のPDFをダウンロードの上お申し込み下さい。
ネットでのお申込の場合は、下記のQRコード又はURLをクリックしてお申込サイトへお入り下さい。

 チケットお申込サイト

カテゴリー: 未分類 | コメントする

粟餅の曲づき

トトン トトン トトン トトン・・・
「さあ、さあ、さあ、粟餅やにござりまーす」
軽やかな太鼓の音に合わせて粟餅やは陽気に、威勢よく臼を担いでやってきます。
「粟餅の曲づき」はにぎやかで楽しくて、しかも美味しい商いです。

臼どりさんのキレの良い采配に合わせて、杵を持ったつき手たちは軽やかに踊りながらお餅をつき上げます。勢いよく杵を振り上げたかと思うと、臼と水桶の狭い間を器用にすり抜け、つき手たちは、時に強く時に繊細に杵を使い、粟ともち米を見事な黄金色の粟餅につき上げます。つきたての粟餅は囃し手たちがその場でちぎり、たっぷりのきな粉をかけ、お客様のもとへお持ちします。

「美味しいものは福」「楽しいものも福」「お客様にたくさんの福をお持ち帰りいただきたい」

臼どり、つき手、太鼓、囃し手――大勢の商人たちが心を一つにしてのぞむ商いです。
躍動感あふれる写真の数々を集めてみました。

カテゴリー: おさだ塾記念館 | コメントする